父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

著 者  布施太朗
価 格  ¥1,300 + tax
ISBN   9784990811617
発売日  2016年1月18日
判 型  四六判並製
頁 数  224頁

刷り数  大好評4刷


推薦文

子育ては旅のようなもの。とくに父親と息子という男同士は、目的地がはっきりしないわりには、時間が限定された心の冒険旅。熱く深く互いに理解しあった頃に、父親は息子の背中をドシンと押して少年の旅を見送るしかない。

作家・椎名誠


著者プロフィール

布施 太朗 (ふせ たろう)
ブランディングディレクター、クリエイティブディレクター

oton+to編集長、朝日おとうさん新聞 oton+to JOURNAL編集。
1969年大阪府生まれ。1994年早稲田大学卒業後、株式会社リクルートに入社。その後、株式会社パラドックスに入社。企業や商品のブランディングや広告制作に関わりながら2011年、「父と子の遊びサイト・oton+to」を立ち上げ、世のお父さんが面白く生きていくための情報を発信しながら、父子をテーマにした執筆や商品ブランディングなどに携わっている。


目次

はじめに

第1章 オトンになるまで
もっと、子どもと。

第2章 オトンの日々
オトンはハッとする
オトンの決めごと
オトンと家で
オトンが忘れたくないことばとか

第3章 オトンとでかける
オトンと自然のなかへ
オトンと街へ出よう

第4章 オトンの背中
オトンとこで、はたらこう!
リゾ勤のススメ

第5章 オトンと旅
いにしえの都とナニワ旅
四万十川カヌーとキャンプ旅
オトント旅の醍醐味

第6章 オトンの時代をつくる

あとがき


編集後記

タイトルのとおり、子どもとのかけがえのない時間をどう過ごすか、という本ですが、いわゆるノウハウ集ではありません。著者の布施太朗氏が子どもと過ごす日々をつづるエッセイです。

原稿を初めて読んだとき、まさに平成の『岳物語』だと思ったんです。
これはぜひ椎名誠さんに読んでいただきたいと思い、思いの丈を綴ったラブレターとともにゲラをお送りしたところ、なんと推薦文を頂くことができました。

子育ては「旅」。

感慨深いことばです。

子育てをされている皆さんも(そして私も)、これからどこへ行くのでしょうか。

旅のお供に、ぜひ。
お母さんからお父さんへのプレゼントにも最適です。