本をつくるしごと、本を届けるしごと 

島田潤一郎(夏葉社・編集者)×橋本亮二(朝日出版社・営業) 『本を贈る』刊行記念ブックトーク

開催状況: 【受付中】


開催日:2018年11月27日 19:00〜20:30
会場:HMV&BOOKS SHIBUYA(東京 / 渋谷)/参加費:無料

詳細は主催者のウェブサイトへどうぞ。

9月に刊行された『本を贈る』(三輪舎)の発売を記念して、トークイベントを開催いたします。
『本を贈る』は作家から取次、本屋まで、「贈る」ように本を作り、本を届ける10人の手によるエッセイ集です。
読者に届けるまでにたずさわる10名が文章を寄せる本書から
編集者・島田潤一郎さん、営業・橋本亮二(朝日出版社)さんのお2人をお招きして
本が手元に届くまでの仕事のこと、そこにある想いのこと、本や本屋についてのあれこれなどをお話したいと思います。
当日は三輪舎の本と、夏葉社と朝日出版社、選りすぐりの本が会場に並びます。
ぜひ手に取ってご覧になりながら、質問や感想などを直接お寄せください。

【日時】 2018年11月27日(火) 19:30~

【場所】 HMV&BOOKS SHIBUYA 5Fイベントスペース
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷modi5・6・7F

【出演】 編集者・島田潤一郎 / 営業・橋本亮二(朝日出版社)

【参加方法】観覧フリー(30席)
席のご用意がありますので、ご参加希望の方は03-5784-3270までご連絡ください。
    
島田 潤一郎
1976年、東京育ち。2009年9月に出版社「夏葉社」を東京・吉祥寺で創業。『昔日の客』(関口良雄著)、
『星を撒いた街』(上林暁著)ほか、昭和の名著の復刊などをひとりで手がける。著書に『あしたから出版社』(晶文社)がある。

橋本 亮二
1981年、名古屋市生まれ。大学卒業後、朝日出版社に入社。一般書営業部所属。流通から販売までの一連の業務に従事している。
Twitter運用やメールマガジン発行も担当。全国各地、本のある空間に行くことが日々の糧。