タグ: ひとり出版社

11.5 あざみ野カレッジにて講演します

三輪舎は創業2年と8ヶ月を迎えたところで、まだまだ「助走」の段階にございます。

刊行した本はたった三冊。年間一冊という驚異的な遅さです。

が、こともあろうに、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団の運営する「あざみ野カレッジ」にて講演をすることになりました。

この講座には過去名だたる講師陣が登壇されています。そのアーカイブに名を連ねることができることはとても恐縮してしまいますが、引き受けた以上、たくさんの発見や気づきを持ち帰ってもらえるような講義にしたいと思いますので、お申込みのほど何卒よろしくお願いいたします。

以下、「あざみ野カレッジ」公式サイトより引用。

http://artazamino.jp/series/azamino-college/#hitori


「いま本をつくるということ ―”ひとり出版社”の働き方―」

2016年11月5日(土) 14:00~16:00

出版冬の時代と呼ばれて久しく、また電子書籍が普及しつつある現代。本をめぐって様々な環境の変化が起きているなか、2014年に横浜で開業した “ひとり出版社” 三輪舎の活動を通じて、「いま本をつくるということ」に迫ります。

どんな本を誰に執筆してもらうかという企画から、編集、書店への流通など多岐に渡る仕事を、”ひとり”でどのように進めているのか。「暮らしのオルタナティブ(新たな選択肢)」を発信する出版社を、なぜ始めたのか。子どもの誕生をきっかけに今の働き方を選んだという、三輪舎代表・中岡祐介さんに、ご自身のライフスタイルをまじえてお話しいただきます。

本に興味のある方はもちろん、新たな「働き方」「暮らし方」を模索中の方など、幅広いみなさまのご参加をお待ちしております。

【日 時】2016年11月5日(土) 14:00~16:00

【講 師】中岡祐介(株式会社三輪舎 代表)

【対 象】高校生以上

【定 員】40名程度(応募者多数の場合抽選)

【会 場】横浜市民ギャラリーあざみ野 3Fアトリエ

【参加費】500円
※ただし、あざみ野カレッジ初回受講者は学生証発行手数料500円が別途必要。

【締 切】10月24日(月)必着
※締切後定員に満たない場合は先着順でホームページ・電話・直接来館で受付

お申込みはこちら(https://artazamino.jp/college-mousikomi/)から。