「もうひとつの〈バウルを探して〉」展。次は福岡へ(2021.1.6更新)

大阪(天王寺)を皮切りに始まりました「もうひとつの〈バウルを探して〉」展は、2020年は神奈川(鎌倉・横浜)、東京(自由が丘)を経て、岩手・盛岡で開催されました。そして2021年からは福岡、ブックスキューブリックで展示がはじまります。

川内有緒オンラインギャラリートーク

ブックスキューブリック箱崎店での展示中に、『バウルを探して〈完全版〉』著者、川内有緒さんによるオンライントークイベントを開催します。店主である大井実さんが聞き手となり、「バウルを探して」取材当時のお話や中川さんとのエピソード、作家というお仕事のことについてなど、お話をしていただきます。

以下、ブックスキューブリックのウェブサイトより引用しています。

***

【 川内有緒さんオンラインギャラリートーク(配信)】

  • 日時:2021年1月20日(水)19:00より
  • 出演:川内有緒、大井実(ブックスキューブリック店主)
  • 視聴料金:1500円+税

▼下記オンラインショップよりチケットの購入をお願いいたします。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kubrick/event-20210120.html

  • ご購入いただいた方に、メールで配信URLをお送りいたします。
  • 当日視聴が難しい方も、アーカイブ動画をご準備いたしております。
  • 展覧会会期期間中はアーカイブ動画をご購入いただけます。

■お問合せ:ブックスキューブリック箱崎店
TEL092-645-0630 hakozaki@bookskubrick.jp

***

ブックスキューブリック箱崎店へのアクセス

開催概要

〈彼は彼自身のバウルを探している〉

中川彰の写真を丹念に読み込むと、そう思えてきます。彼が旅の途中でカメラを向けているのは、ほとんどが名もなき市井のひとびとやベンガル風景。ダッカの雑踏、祭りに集まる男女たち、農村の風景、大河のそばで暮らす民。“そこにこそ、バウルがいる”と言わんばかりにシャッターを切っているように見えるのです。

「鳥に導かれた私は今、蒸し暑い家の中でフォキル・バブシャという白装束の男と話をしている。中川さんも、アラムさんもそれぞれの鳥に従って、今ここにいる」

『バウルを探して〈完全版〉』(p.332)

今回刊行した完全版には、川内有緒による「文章編」とは別に、中川彰の写真作品を「写真編」としておよそ100ページにわたって収録しました。これは本書の「口絵」つまり川内有緒の文章を補足・説明するための資料ではありません。紛れもなく、本書の写真編は、中川彰による「もうひとつの」『バウルを探して』という作品なのです。

『バウルを探して〈完全版〉』刊行を記念し、作家・川内有緒とともにバングラデシュを旅した写真家・中川彰の写真展「もうひとつの〈バウルを探して〉展」を開催します。スタンダードブックストアでの開催(9月5日〜)を皮切りに全国を巡回しています。写真入り豪華ボックスやポストカードセットなどのグッズも販売します。

開催概要

  • 名 称 「もうひとつの〈バウルを探して〉 ――『バウルを探して〈完全版〉』刊行記念 中川彰写真展」
  • 共 催  三輪舎・川内有緒・深川直美
  • 入場料  無料
  • 会 場  以下の一覧をご覧ください

開催予定店舗一覧

2020.9.5
〜9.22
スタンダードブックストア(終了)大阪・天王寺
2020.9.29
〜10.25
本屋・生活綴方(終了)神奈川・妙蓮寺
2020.9.30
〜10.19
ポルベニールブックストア(終了)神奈川・大船
2020.11.13
〜11.29
REWIND(終了)東京・自由が丘
2020.12.5
〜12.28
BOOK NERD(終了)岩手・盛岡
2020.1.19
〜2.14
ブックス・キューブリック箱崎店福岡・箱崎
今後、開催店を続々追加してまいります。

※新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で、延期または中止とする場合がございます。ご了承ください。
※オリジナルプリントの販売はございません。