ウチダゴウ詩集『鬼は逃げる』について/取扱店のお知らせ

『鬼は逃げる』制作を振り返る

 詩人・ウチダゴウさんの詩のアンソロジー、『鬼は逃げる』を刊行します。企画を起こしたのがおよそ一年前。一年で本ができるというのは三輪舎としてはかなり早いほうなのですが、コロナ禍での本造りはとても長かった。ようやく校了を迎えたので、少しだけ振り返ってみました。


 ウチダゴウさんとの出会いは、長野・松本の印刷会社、藤原印刷を介してだった。ふだんは関係者いがい立ち入ることのない工場を会場に、一般の人に開いたブックマーケットをしようという藤原印刷の試み「心刷祭」が、2019年の秋に開かれた。

 三輪舎は、藤原印刷の藤原隆充さんが『本を贈る』の著者のひとりであったこと、またその年に刊行した『ロンドン・ジャングルブック』の印刷を手掛けてもらった縁もあって、出店者として招かれていた。そのときウチダゴウさんも、藤原印刷とは長らく仕事をともにされてきた縁で、出店者として名を連ねていたのだった。

2019年秋に藤原印刷で開催された心刷祭。紙を載せるパレットを重ねた売り場は使いやすかった。

 ゴウさんからはじめてメールをもらったのは、出店者のリストが公になった頃だった。今度ご一緒しますのでよろしく、程度の、いまから思えば何気ないメールだったが、わざわざ連絡をいただいて、嬉しくないはずがない。せっかく松本へ行くのだから安曇野のアトリエへお邪魔したいです、と返すと、今後のことをちょっと話をしたいと思っていました、とすぐに返事がきた。

 詩人ウチダゴウに対する当時の印象は、詩壇に属さず、独立した詩人で、長野をフィールドにしており、雑誌『nice things』の毎号の巻頭を担当している。かたわらその技能を活かしたコピーライティングやファッションに依らないグラフィックデザインで驚きを与える、いわば万能人。―― 正直、それまでの自分が生きてきたなかで会ったことのないタイプのひとで、こういうかたちで縁ができるとは思わなかった。

 心刷祭の前日にアトリエを訪れた。そのときはお互いあまり時間がなくて、他愛もない話をしただけで、また出直します、ということにした。次に訪れたのは11月も半ば。横浜は秋でも安曇野は冬。日中はいい陽気だったのであまり考えずに穂高駅のレンタサイクルを借りて、有明地区にあるアトリエを訪れた(日が落ちてからアトリエを出て穂高駅に戻る中、寒すぎて耳がツンとした)。

 このときは、具体的に詩の話、本の話をした。ゴウさんが自らのレーベルから出版した『空き地の勝手』のなかで好きな詩を見つけたこと、ここ最近の彼の手法のひとつである平仮名の詩のこと。三輪舎の本造りのことも話した。その流れで、「してきなしごと」が10年間積み重ねてきた詩の仕事を一冊の詩集にしましょう、ということになった。全詩集をつくろう、と。

 こちらが横浜に戻ってのんびり考えているうちに、過去の詩をすべてまとめた圧縮ファイルが送られてきた。すべて印刷してみると、厚みが5cmになった。いろいろな意味で重い。今回、全詩集はあきらめることにして、アンソロジーを編むことにした。時間をかけて一片ずつ読んでいる間も、どんな詩集にするのがよいか、頻繁にメールでやりとりした。ぼくが2〜3日かけて返信すると、ものの2〜3時間で返事が来る。詩人ウチダゴウは仕事が早い。本文にも書かれているが、託された詩をどうやって選りすぐるのがよいか、ぼくは悩みに悩んだ。無数の事柄のなかから何かをつかみ取り、他の何かを選ばないときには、コンセプトが必要だ。無理なまとまりはいらないけれど、それなりに説得力をもった軸が必要だった。ひとつのコンセプトを選ぶと、選びたかった他の要素がするりと抜け落ちていく。長いトンネルを抜けても、その先にも、そのまた先にも、別の長いトンネルがあった。

 ぼくは、自分の能力を超えた仕事にぶつかったとき、そのことを当事者に素直に表明することにしている(いままでの仕事はすべて自分の能力を超えていたのだが)。三輪舎が生き続けていくうえで、このことは不可欠なスタンスだ。ぼくは、その時の迷いと悩みを詩人に伝えた。その往復書簡だけでも結構な文字数になっただろう。そのなかで、「朗読会のような詩集はどうだろう」と提案した。すべての要素を包み込む、自由な枠組みをだった。二人して、それだ、と思った。

 朗読会だから、詩を選ぶ役割はぼくから詩人へと移った。ゴウさんは朗読会を表現のひとつにしているから、お手の物だ(しかし、いつもの朗読会とは違って朗読する詩の数はおそらく5倍ぐらいになるだろう)。ここでも、彼の仕事はすこぶる早い。何回かの改変を経て、だいたいの輪郭ができた。朗読会だから、物語とリズムが調和していさえすれば、どんな詩でも収録することができた。

 しかし、それだけではまだ顔がない。この朗読会=詩集はどんな顔をしているのか。具体的にいえばメインとなる詩(コンセプトとは異なる)であり、それがそのまま詩集のタイトルになるもの。やはり、このことについても無数のやりとりがあった。やりとりのなかで「絵に描いたような天の邪鬼ですね」と、そんなことをメールで書いたら、詩人は、これまでどこにも収録されてこなかった詩「鬼は逃げる」を引っ張り出してきた。ぼくは一読したあと興奮して、詩をA4の用紙にプリントし、恭しく事務所の壁に張った。

鬼は逃げる



鬼は 逃げる
意味と想像の 追っ手から
愛と悲しみに 満ちながら
ただ 生きようとして
町から町へ 駆け抜ける

鬼は 逃げる
夢と希望の 延びる影から
闇と憎しみを 抱きしめて
ただ 生き抜こうと
山を谷を 越えてゆく

鬼は 逃げる
光と正義の 振り翳す力から
温もりが 血のように 流れても
ただ 切に生きたくて
地べたに 突っ伏し 這ってゆく

鬼が 命を持っている
新鮮な命を 無垢な命を
あれは俺のだ 俺たちのだ
鬼を追え 奪え 殺せ
人はいつも 飢えた野犬のよう

鬼が 逃げる
心と命の 燃えるがままに
だから 誰も救ってくれるな
ただ 生きようとする者の
邪魔を するな

 これで顔が決まった。4月2日、緊急事態宣言は発令されていなかったけれど、実質的に緊急事態真っ只中の春だった。

 本来であれば、このあと出版に向けた実作業に入っていく。しかし、コロナ禍がどれだけ続くのかまったく見えない。出版社は、本屋は、本は、読者は、ひいては人間は、生き残ることができるのだろうか ――― そこまで大げさでもないけれど、限りなく漠然とした不安であるがゆえに、仕事があまり手につかなくなってしまった。

 状況を見かねた詩人から、そろそろ、と促されたのが9月の半ば。正気をやっと取り戻して、原稿を通読した。すでに何度も読んでいたのに、はじめて読んだときのように興奮した。コロナ禍が長引くうちに忘れていた“live”、生(なま)の味わいを思い出した。「すぐ出版しましょう。素晴らしい朗読会に参加してきた気がします」と詩人に返事をした。


 … すぐ出版しましょうと言っておきながら、ここから完成まで2ヶ月以上かかるわけですが、ずいぶんと素晴らしい本に仕上がりました。

 今回、デザインを手掛けてくれたのは、ALL RIGHT GRAPHICSの髙田唯さん。詩人とは旧知の仲。ゴウさんはデザイナーでもあるから、してきなしごとのロゴを手掛けたり、今までもコラボレーションしてきた、いちばん信頼する彼に任せたいということで、お願いしました。いくつかの仕事を知っていましたが、今回の詩集にはぴったりだと思いました。本文組は、同じくALL RIGHT GRAPHICSの山田智美さん、デザインのコーディネートは髙田舞さん。表紙もさることながら、本文のデザインも必見です。ぜひこの本を、書店で開いてみてください。こんな本は知らない、とびっくりすると思います。

 印刷は縁をつなげてくれた藤原印刷、製本は渋谷文泉閣とオール長野。まだ完成した本を見ていないので評価を控えますが、でてきた色校はさすがでしたし、何より藤原章次さんの細やかな対応には安心感がありました。髙田唯さんのデザインを印刷の現場から支えてくれました。

 校正はおなじみ、牟田都子さん。ご自身の単著を執筆中で忙しいのに、いつもながら素晴らしい仕事でした。

 とてもうれしかったのは、本書の出版を、小説家の梨木香歩さんが応援してくれて、推薦文を書いてくれたことです。

人生のいっとき 
詩人になることはたやすい 
そういう人を何人も見てきた 
心の叫びを 哀歓を 
詩にしてきた若者たちが 
就職し 家庭を持ち 
生活のなかでいつしか 
詩とは無縁の日々を送っている 
詩人で在り続けることは 
かくも難しい
十年前 東京から松本へ移ったウチダさんに 
詩人であることをやめないでください 
と私は 無責任にも いった 
たとえこの先 
詩と無縁の生活を送ることになっても 
詩人で在り続けることはできる 
そういう証が 欲しかったのだと思う 

ウチダさんは 生活も 仕事も 
詩から遠ざけなかった 
風から与えられ 自力でつかみとり 
見い出したいくつものツールで 
言葉の源流へと遡行する 
長い長い 旅のために 
そういう詩人になった

梨木香歩

 書店の店頭に並び始めるのは12/23(水)頃。クリスマスプレゼントにはギリギリ間に合うかどうか…。今後書店様より注文を募り、本ページにて取扱店を列挙してまいります。通販ですと以下のリンクより直接お買い求めいただけます。

取扱店リスト

都道府県市区町村店名
北海道札幌市中央区MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
青森県弘前市まわりみち文庫
青森県青森市古書らせん堂
岩手県盛岡市MORIOKA TSUTAYA
岩手県盛岡市ジュンク堂書店 盛岡店
岩手県盛岡市BOOK NERD
宮城県仙台市青葉区ペンギン文庫
秋田県秋田市ジュンク堂書店 秋田店
福島県郡山市ジュンク堂書店 郡山店
福島県福島市Books & Cafe コトウ
栃木県宇都宮市うさぎや宇都宮駅東口店
栃木県栃木市うさぎや栃木城内店
群馬県桐生市ふやふや堂
群馬県高崎市REBEL BOOKS
埼玉県越谷市東京旭屋書店新越谷店
埼玉県新座市東京旭屋書店志木店
埼玉県川口市Antenna Books & Cafe ココシバ
埼玉県朝霞市チエノワブックストア(有限会社一進堂)
千葉県佐倉市ときわ書房志津ステーションビル店
千葉県四街道市蔦屋書店 幕張新都心
千葉県市川市kamebooks
千葉県習志野市丸善 津田沼店
千葉県千葉市花見川区本屋lighthouse
千葉県千葉市中央区くまざわ書店ペリエ千葉本店
千葉県流山市紀伊國屋書店 流山おおたかの森店
東京都渋谷区MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
東京都新宿区紀伊國屋書店 新宿本店
東京都立川市ジュンク堂書店 立川高島屋店
東京都中央区丸善 丸の内本店
東京都中央区八重洲ブックセンター本店
東京都港区ブックファースト六本木店
東京都港区双子のライオン堂
東京都港区BookshopTOTO
東京都国分寺市ブックス隆文堂
東京都国分寺市胡桃堂書店
東京都三鷹市青と夜ノ空
東京都渋谷区青山ブックセンター本店
東京都小金井市くまざわ書店武蔵小金井北口店
東京都新宿区くまざわ書店東京オペラシティ店
東京都新宿区芳林堂書店高田馬場店
東京都新宿区かもめブックス
東京都新宿区ブックファースト新宿店
東京都杉並区本屋ロカンタン
東京都世田谷区二子玉川蔦屋家電
東京都世田谷区nostos books
東京都台東区明正堂書店アトレ上野店
東京都台東区Readin'Writin'
東京都大田区あんず文庫
東京都調布市本とコーヒーtegamisha
東京都武蔵野市ジュンク堂書店 吉祥寺店
東京都文京区Pebbles Books
東京都豊島区三省堂書店池袋本店
東京都豊島区ジュンク堂書店 池袋本店
東京都墨田区書肆スーベニア
東京都目黒区SUNNY BOY BOOKS
東京都目黒区REWIND
東京都立川市オリオン書房ルミネ立川店
東京都立川市オリオン書房外商センター
神奈川県横浜市中区紀伊國屋書店 横浜店
神奈川県横浜市港北区本屋・生活綴方
神奈川県鎌倉市ポルベニールブックストア
神奈川県厚木市くまざわ書店本厚木店
新潟県長岡市戸田書店 長岡店
富山県富山市BOOKSなかだ掛尾本店
長野県松本市栞日
長野県上田市本屋未満
岐阜県恵那市庭文庫
静岡県静岡市葵区本とおくりもの ヒガクレ荘
静岡県静岡市葵区ひばりブックス
静岡県浜松市中区谷島屋
愛知県豊橋市精文館書店本店
愛知県名古屋市千種区ちくさ正文館書店本店
愛知県名古屋市千種区ON READING
愛知県名古屋市中区丸善 名古屋本店
愛知県名古屋市中区ジュンク堂書店 名古屋栄店
京都府京都市下京区有限会社大喜書店
京都府京都市左京区ホホホ座浄土寺店
京都府京都市左京区恵文社一乗寺店
京都府京都市左京区京都岡崎 蔦屋書店
京都府京都市上京区誠光社
京都府京都市上京区開風社待賢フ?ックセンター
京都府京都市中京区丸善 京都本店
京都府京都市中京区ふたば書房御池ゼスト店
京都府京都市南区大垣書店イオンモールKYOTO店
大阪府大阪市天王寺区ジュンク堂書店 上本町店
大阪府三島郡島本町長谷川書店水無瀬駅前店
大阪府大阪市東住吉区本のお店 スタントン
大阪府大阪市北区紀伊國屋書店 梅田本店
大阪府大阪市北区紀伊國屋書店 グランフロント大阪店
大阪府豊中市blackbird books
兵庫県神戸市中央区ジュンク堂書店 三宮駅前店
兵庫県神戸市中央区1003(センサン)
奈良県大和郡山市とほん
鳥取県東伯郡湯梨浜町汽水空港
岡山県倉敷市喜久屋書店倉敷店
岡山県岡山市北区スロウな本屋
広島県広島市西区広島蔦屋書店
広島県広島市中区READAN DEAT
広島県福山市本屋 UNLEARN
香川県高松市本屋ルヌガンガ
香川県高松市宮脇書店 総本店
福岡県うきは市MINOU BOOKS & CAFE
福岡県大牟田市taramu books & cafe
福岡県福岡市中央区ジュンク堂書店 福岡店
福岡県福岡市中央区ブックスキューブリックけやき通り店
福岡県福岡市東区ブックスキューブリック箱崎店
福岡県北九州市若松区ルリユール書店
福岡県北九州市小倉南区ACADEMIAサンリブ小倉店
長崎県長崎市ひとやすみ書店
沖縄県那覇市ジュンク堂書店 那覇店